ふくらはぎをベイザーで

ふくらはぎが太い原因

運動や冷えでふくらはぎは太くなる

実際に足の太さを測ってみると、ふくらはぎの太さが改めて気になってしまった人もいるのではないでしょうか?ふくらはぎが太くなってしまうことには、原因がいくつか考えられます。

まず一つ目の原因は、運動です。
健康のためや美容のためなど、習慣的に運動を行っている人も多いのではないでしょうか。もちろん、それ自体は決して悪いことではありません。しかし、筋肉がつきやすい部位であるふくらはぎは、運動によって筋肉が蓄えられると、どうしても太くなってしまいがちです。
運動の習慣がない人であっても、毎日ヒールをはいているとそれだけで知らず知らずのうちに筋肉がつき、ふくらはぎがサイズアップしてしまいます。

次に考えられる原因は、脂肪です。
筋肉がつきやすいパーツというのは、筋肉だけでなく脂肪もつきやすい場所です。さらにふくらはぎは、セルライトという脂肪細胞が生まれやすく見た目にも痛々しい印象を与えてしまいます。ふくらはぎを両手でしぼるように触ってみたとき、ぼこぼことした感覚が見えたなら、セルライトが溜まっている状態です。油っぽいものや甘いものなどが好きで、ついつい食べてしまうという人は、食生活を改めてみましょう。

そして三つ目に考えられるのが、むくみです。
ふくらはぎを押したときに白っぽく見える場合や、なかなか元の色に戻らない場合には足がむくんでいる証拠です。接客などの立ち仕事やオフィスワークなど、同じ姿勢でいることが多い場合には、自分でも気付かないうちに足がむくんでしまうものです。日常生活の中でつい生まれてしまうむくみも、放っておくと前述のセルライトにつながってしまう可能性があるため、早めに対処しておくことが肝心です。

このように、ふくらはぎの太さにはそれぞれの原因がありますので、自分の場合の原因を突き止め、対応しなければいけません。